ゲームのRTAのテキストを中心に公開しています。

はじめに

スポンサーリンク

はじめに

ヴァルキリープロファイルTAをプレイするに当たっての注意事項などを。

アクション面でのテクニックについて

基本的に移動は全てアナログスティックで行い、それ以外の部分は方向キーで行う。

ジャンプ
ヴァルキリープロファイルには細かく分けて6つのジャンプがあります。
これら6つのジャンプを使い分けて進むことになります。

横小ジャンプ
方向キーを横に押し、×ボタンを短めに押すと出来るジャンプです。
階段などの段差等、一番使用する機会の多いジャンプです。

横大ジャンプ
方向キーを横に押し、×ボタンを長めに押すと出来るジャンプです。
小ジャンプで切り抜けられる場面でこれを使ってしまうと大きなタイムロスとなります。

垂直小ジャンプ
方向キーを押さず、×ボタンを短めに押すと出来るジャンプです。
エレメント・セプターを入手する部屋や、レザート・ヴァレスの塔のドラゴンゾンビ出現の前の部屋などで使用します。

垂直大ジャンプ
方向キーを押さず、×ボタンを長めに押すと出来るジャンプです。
使用する場面は少ないですが、重要なジャンプです。

はしご垂直ジャンプ
はしごを掴んでいる時に、方向キーを押さずに×ボタンを押すと出来るジャンプです。
今回の攻略では使う場面は一箇所しかありません。

はしご横ジャンプ
はしごを掴んでいる時に、方向キーを横に押して×ボタンを押すと出来るジャンプです。
タイミングがシビアなので、比較的失敗しやすいジャンプです。

スライディング
スライディングにも小スライディングと大スライディングがありますが、ここでは省略します。
スライディングの用途は主に3つあり、
・落下地点が近い場所での高速スライディング
・高所落下時のエフェクトキャンセル
・エンカウント回避
がそれぞれ該当します。

高速スライディング
一定距離からスライディングを行いながら落下すると、スライディングの速度が加速します。
本攻略中では、エレメント・セプター入手後にこのテクニックを使います。

高所落下時のエフェクトキャンセル
高所から落下すると、それに対する固有のエフェクトがかかります。
しかし、落下して着地した瞬間にスライディングを行えば、このエフェクトをキャンセルしてスライディングの動作に入れます。
そのスライディングも長押ししすぎると固有のエフェクトがかかるのですが、
方向キーを横に押しながら×ボタンをあまり長押ししすぎないようにすればエフェクトを回避できます。

エンカウント回避
アスガルト丘陵攻略時に、普通に走っているとどうしても回避できないエンカウントシンボルが存在します。
このエンカウントシンボルを回避するためにスライディングが必要です。

晶石発射
晶石発射を普通に行うと、ヴァルキリーがその場で止まってしまいます。
これを避けるために、晶石を撃つときは極力横ジャンプをしながら打つことにします。
ジャンプ中に晶石を発射すれば、晶石を撃ったことで発生する遅延を防げます。

自分で撃った晶石に乗る場合の注意
自分で撃った晶石に乗るとき、自分で撃った晶石に間髪入れずにそのまま乗るようにします。
晶石を撃つ→地面に着地→晶石に乗るでは、
晶石を撃つ→晶石に乗る、に比べかなりの遅れが生じます。

段差がある場所での注意
階段や坂道など、段差がある場所では普通に走るとかなり遅くなります。
階段などでは基本的に横小ジャンプで通り抜けます。

タイムに結びつかなそうな高度テクニック

しゃがみキャンセル
右に走っていて落下してから左へ走っていくような場所の場合、普通に下りていては緩やかな曲線を描くような下り方になってしまいます。
これを回避するには、落下する直前にしゃがめばいいです。
しゃがむことによって垂直に落下することが可能になります。

戦闘時のテクニックについて

本攻略で行う戦闘は、

  • レッサーハルピュイア
  • グール
  • ロンベルト
  • エルダーヴァンパイア&ドラゴンサーヴァント×2
  • ブラッド・サッカー×3
  • レザート・ヴァレス&ドラゴントゥースウォーリア×2
  • アーリィ
  • ヴァン神族×2
  • ブラッド・ヴェイン
  • フェンリル

以上の10戦です。

ほとんどアイテムで瞬殺なので、特筆することはありません。
ただ、レナスの戦闘終了時ボイス「この場に留まる理はもう無い」が出ると、戦闘終了の暗転が長くなるのでリセットです。

イベント中の操作
イベント中の会話操作は全て○ボタン+R1ボタンで行います。
連射器で○ボタンを連射しているより若干速いような気がします。

例外として、フレイとの空中での会話や神界フェイズ内では×ボタンを押しっぱなしにしつつ○ボタンを連射器で固定します。
この時、×ボタンを押しっぱなしにしておくのは、GB版SagaでAボタンを押しっぱなしにしていると会話が早くなることと同じ原理です。

セーブに関する注意
ヴァルキリープロファイルはセーブしているデータが多いほどセーブデータの読み込みに時間がかかります。
それを回避するため、本攻略中では何もデータの入っていないメモリーカードを差込口1に入れます。
そうすることによって、セーブする時は○ボタンを連打しているだけでスムーズにセーブをすることが可能になります。
また、一回セーブしたら差込口2に差してあるメモリーカードにそのデータをコピーし、差込口1に差されているメモリーカードの記録は消します。
以降、ロードはメモリーカード差込口2から、セーブはメモリーカード差込口1から行います。

スポンサーリンク

やりこみ

スポンサーリンク

やりこみ

PAGETOP
Copyright © モカプラス All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.