2008年の7人TAしか確認していませんが、録画を全てを見るまでもなく結論がつきました。怪しい部分もありますが確定かな?

ターン開始時に羽閉の場合、確実に行動回数が最高
実際にあった極端な例を挙げると
ルビィ編第三形態(ターン開始時羽閉)
先制ルビィ高速ナブラで羽開
滅殺剣
滅殺剣

ルビィ高速ナブラで第四形態へ移行
オーバーキル(確実に行動消費5)
滅殺剣
異界の風

通常ならばオーバーキルで終わらなければいけないのに、第三形態の最高行動回数である5回行動になりました。
最初に羽閉状態で行動消費を参照しており、レベル3(行動消費1)が選ばれたためオーバーキルを撃ってもまだ行動値が残っていたためと考えられます。

ターン開始時に羽開の場合、行動回数が3より下の場合がある
これも実際にあった例を2つ挙げます
アーミック編第一形態(ターン開始時羽開)
先制エデル高速ナブラで羽開持続
カオスウェイブ(壁役ノース行動不能)
エデルの高速ナブラ×3(最後の高速ナブラで羽閉)

マイス編第一形態(ターン開始時羽開)
先制マイス高速ナブラで羽閉
再びマイスで高速ナブラ
魔剣
マイスで高速ナブラ
ファー様とマイスの二連携(最後まで羽閉持続)

ターン開始時羽開で行動回数が少ない例は他にもたくさんありましたが、目立って少なかったこの2つをチョイス。第二形態で魔印2回で終了だとか、そういう事例もありました。

TAで気にするべき点としては、ターン開始時が羽開か羽閉か見極めることですね。よって、骨砕きやキッチンシンクなど、与えるダメージ量で羽開か羽閉か分かりづらい行動を最初に選んでしまうのは私はリスキーなことだと考えます。高速ナブラは攻撃回数が3ですが、外れる場合もあるので2回命中時のダメージなども大まかに覚えておき、それで判断するといい感じでしょうか。
ここまで分かってしまうとルビィ6人やジュディ鋼斧1人ルートなど、本来なら打開率が凄まじく低かった戦略でも何とかなってしまいそうです。ルーラー打開率が高まると同時に、さらに攻め込んだ姿勢で臨むことも出来るので、これから記録大幅更新もあるかもしれません。