アンサガ解析でTAがどう変わってくるかについて。

閃きランクや敵の行動がある程度把握しやすくなったとは言え、タイムに直結するようなものは少ないです。各主人公とも最大で3時間程度ですし、劇的に変わることはないと言っていいでしょう。
あるとすれば、敵の閃きランクの正確に把握することで一発勝負での閃きリカバリに誰を利用するかで最適解が得られたり、ルーラー戦の行動回数を完全に把握して連携を安全に、そして確実に決められることくらいでしょうか。

以下自分用メモ

TAの際に戦うことになる相手で、∇閃きに使う敵の正確な閃きランク

説明書での閃きランク6
クラブマン(使い魔) 25
エルダードラゴン(使い魔) 25
グラスゲーター 27

説明書での閃きランク7
サーベルタイガー 29
各円卓 30
ジーン・ムーア 30
カオス・ルーラー(第一形態) 30
スマイリーポップ 31
ミノトン(素手) 31
エルダードラゴン(青) 32
天界の鳥 33

説明書での閃きランク8
グリード 34
ネルガル 34
アークウィンガー 34
サタナキア 34
ルビィ編以外の各前座 35
龍 38(36?)

説明書での閃きランク9以上
ディープスペクター 39
古龍 40
エルダードラゴン(赤) 44
巨人 47

データ上ではまさかのミノトン>ジーン・ムーアでした。
エルダー青とか意外と高いんですね。閃きランク6で∇を狙う機会が少ないので載せてませんが、ランク6で閃きに適している相手はもっといるかもです。

各主人公ごとのまとめ
ジュディ編
クラブマン(使い魔) 25
エルダードラゴン(使い魔) 25
天界の鳥 33
クライド・ブラッドストーム 35

ルビィ編
ジーン・ムーア 30
エルダードラゴン(青) 32
アークウィンガー 34
ネルガル 34

アーミック編
サーベルタイガー 29
ユン・クリムゾンレイン 35
エルダードラゴン(赤) 44

マイス編
サーベルタイガー 29
各円卓 30
ネルガル 34
サタナキア 34
巨人 47

ローラ編
ミノトン(素手) 31
ダグル・ボース 35
バジル・ゲレイオス 35
龍 38(36?)

ヴェント編
グラスゲーター 27
スマイリーポップ 31
ミノトン(素手) 31
グリード 34
ディープスペクター 39
古龍 40

キャッシュ編(Bルート)
サーベルタイガー 29
ミノトン(素手) 31
アークウィンガー 34

ガントレットバトル戦は割愛。あとキャッシュAルートはやったことないので分かりません。
マイス編で巨人戦後∇が足りず、ネルガルへと向かうことが多々ありますが、∇が1人足りないくらいならサタナキアで閃けば問題ないことが分かります。

個人的に青エルダー(32)くらいではなかなか閃ける気がしないので、最低ラインが32くらいに思っておけば気が楽かも。天界の鳥ともなるとかなり閃いている印象なので、そこが境目なのでしょうか。∇の正確な閃き確率(%)調査は面倒なのでやりません。体感前座(35)で十数%です

各主人公のルーラー第四形態の違い

オーバーキル使用での行動消費
3つ ジュディ、ヴェント、ローラA、マイス、アーミック
4つ キャッシュ編
5つ ローラB、ルビィ

ローラ犬ルートとルビィ編では、オバキルが来たら確実に行動回数3。
キャッシュでは行動回数が最高でも4、他の主人公でも5。

最後に、解析でちょっと疑問なのは、ルーラー第一形態のHPが20000で第二が10000なこと。
4ターンで第二赤に移行することがたまにあるのですが、その場合4ターンで与えているダメージは1万ちょっとしか行ってないのですよね。
実際去年の7人TAのヴェント編で4ターン打開していたので録画を見てみたのですが、与えているダメージがそれほどないにも関わらず第二形態に入った直後に三ナブラでLPダメージ3。最大HPと残りHPの割合でLPダメは計算されているはずなので、HP20000から12000くらい与えて8000で移行したとしても、残りHPが8割残っている計算でLPが3も削れることはまずないんですよね。サガのプログラミングはトリッキーですし、この辺はよく分かりません。