「だんえた」「だんえた2」と制作してきた同人サークル「Copper Mattock」から、だんえた3の体験版が公開されました。
私はだんえたシリーズは今までプレイしたことがなく、今回のこのだんえた3体験版が初めてのプレイだったわけですが、あまりの面白さに朝は早起きしてプレイするくらいハマってしまいました。
私は元々シレン系やトルネコ勢を中心にプレイしていたのですが、そのシレンやトルネコ系をプレイする人たちにあまり広まっていない気がします。なので、布教というか宣伝をしたいと思います。

体験版ダウンロード先

だんえたを制作されている同人サークルの「Copper Mattock」のページ内からダウンロードできます。
なお、通常の体験版では難易度とキャラの制限がされていますが、カンパ金を一定量支払うことで開放される仕組みとなっています(カンパ金を支払えば製品版DL優先権付きなので損はなし)。未開放でも面白いので気にしないという方はこのままどうぞ。

DLsiteでダウンロード販売が開始されたこともあり、現在はDLsiteから体験版をダウンロードできます。

スキルツリー

スキルツリー

だんえたはシレンやトルネコのような画面で、同じような感じでプレイ出来ますが、だんえた3の最も際立っている特徴としてはスキルツリーがあり、レベルアップによってスキルを自由に選んで取得していけるということです。
さらに、このスキルツリーは最初に選ぶキャラクター、及びTypeによって異なります。キャラクターは全部で5キャラ、Typeは1キャラにつき3つあるので、合計15種類のうち1つを選んでダンジョンに潜ることが出来ます。それぞれキャラクターごとにかなり特色が違うので、同じダンジョンに潜るのですが、トルネコ3で言うトルネコとポポロくらい違うこともあり、同じダンジョンに潜っても飽きが来ません。

豊富なキャラクター

スキルツリーの項目でも多少書きましたが、だんえた3では様々なキャラクターの中から一人、さらにその中からTypeを選んでダンジョンへ潜ります。

ヴァルグリンド

ヴァルグリンド

腕力が高く、近接に向いたキャラクターです。
TypeAは二刀流等を覚える純粋な近接職です。TypeBは近接もそこそこながら防御に特化しており、防御系やヒールを覚えます。TypeCは近接でありながら魔法に特化しており、魔法戦士のような扱いでしょうか。
個人的には、最序盤こそ楽なものの、回復手段がバーサーク(狂戦士+バリア系+気合いため+回復効果のスキル)しか基本的にないため、序盤を抜けた辺りから狂戦士付加のせいで難しく感じました。

ティコ

ティコ

器用さが高く、トリッキーなスキルをたくさん扱えるキャラクターです。
TypeAはクリティカル発生率を高めるスキルが多く、さらにクリティカルが発生すると再攻撃出来るスキルも道のりは遠いですが存在し、育て上げることが出来ればかなり強く出来る大器晩成型です。TypeBは敵を罠にかけるのが得意で、シレン系で言う罠ダン的な立ち回りを要求されます。TypeCは矢と爆弾で遠距離から戦っていくタイプです。
ティコはヴァルグリンドより耐久と火力が幾分なくなった分スキルで勝負していくキャラクターです。立ち回りが上手い人なら使いこなしやすいでしょう。

バスラム

バスラム

バスラムは能力値が低い分、合成や装備生成等アイテムの扱いが非常に優れているキャラクターです。
TypeAは合成と彫金(指輪合成)が即座に扱え、さらに武器の生成が出来ます。TypeBは指輪の修理に加えて初期魔法やワープ等の便利魔法が使えます。TypeCはTypeAの盾ver.と言った感じで、武器の代わりに盾の生成が行えます。
製品版では変更されるようですが、体験版時点では装備の比重が非常に高いため、現時点においてはバスラムは非常に安定しやすいキャラクターであると言えます。私もお気に入りです。

アスタナ

アスタナ

アスタナは魔力に優れており、さらにモンスターを仲間にしたり召喚したりして味方にして戦うのをメインとしています。
TypeAは拾った肉を蘇生して一緒に戦わせることに優れています。TypeBは能力は弱いですが、モンスターの影を生成して戦わせることに優れています。TypeCはモンスターと契約することが出来、契約に成功したモンスターはいつでも呼び出すことも出来、レベルも上がっていきます。
アスタナはどのTypeも仲間モンスターと一緒に戦っていくのがメインとなっているため、仲間と一緒に戦いたいならオススメできます。

レイア

レイア

レイアもアスタナと同じく魔力に優れていますが、こちらはどちらかというとモンスターと一緒に戦うというより純粋な魔法攻撃が優れています。
TypeAは氷魔法がメインで戦っていきます。TypeBはTypeAと同じく氷魔法メインなのですが、連続魔法や魔法マスタリー系に優れているのでTypeAよりさらに強力な火力で戦うことが出来ます(その分腕力等が落ちまくってますが)。TypeCは魅了やドール生成などが使えるトリッキーな型で、低い能力値を仲間モンスターを使うことで補うことが出来ます。

ユニークやアーティファクトの存在

シレンやトルネコ系にはなく、NetHackやDungeon Crawl等ではよく親しまれているものとしてユニークやアーティファクトがありますが、だんえた3にもこれらが存在します。
分かりやすく言うと、ユニークはボスモンスター、アーティファクトは★マークの付いた装備で、最初から完成された強力な装備品といったものでしょうか。

ユニークモンスター

画像のようにユニークモンスターはモンスターハウスの形態で出現し、非常に強敵ですがいいアイテムを落とします(画像のユニークを撃破したところ盗賊系スキルを取得できる魔石と合成すると修正値+5される宝珠が手に入りました)。
普通のモンハウでさえ辛いので、ユニーク撃破はさらにアイテム消耗も伴ってしまいますが、是非ともドロップに賭けて倒せそうなら倒してしまいたいところです。運が良ければアーティファクトを落とすこともあります。

ストームブリンガー

画像はかの有名なとりあえず近接職はこれで殴っとけと変愚でもてはやされる剣。
デメリットはあるものの反感がなくなってて強い。

まとめ

だんえた3は従来の不思議のダンジョンシリーズが好きなユーザーはもちろん、NetHackやDungeon Crawlと言ったRogue系が好きなユーザーにもオススメできる良質ゲームです。
不思議のダンジョンとRogue系のいいとこ取りをしたようなゲームなので、どちらかが好きな人はもちろん、どちらも好きな人は当然オススメできるゲームです。

だんえた3