先日の8/15、コミックマーケット86の1日目にサークル参加してきました。
サークル参加自体は結構しているのですが、アフターレポートというものをまともに書いたことがなかったので、これを機に書いてみます。

サークル入場

当日は朝6時に起き、色々ゆっくり準備をして会場には8時過ぎに到着しました。
会場には既にいつも一緒に手伝って頂いている方が到着しており、それから家から送ったものととらのあなから戻ってきた既刊を荷物置き場から運び、新刊と合わせ、あらかじめ持ってきていた設営用棚等を設置して設営を終わらせました。今回はさらに前日に、ニコニコ生放送の企画、天下一SaGa愛選手権3の企画チラシも一緒に渡して欲しいと頼まれていたので、それも受け取って並べたりしていました。

ジャンルが攻略だと、両隣でもお互いゲームを知らなかったりで会話が合わなかったりすることがあり、隣同士の交流というのは今までほとんど経験したことがなかったのですが、右隣のD&D攻略サークルの方たちは私を知っていたみたいで新刊の交換も出来ましたし、左隣の方はフレンドリーな方で本の内容や本の題材のゲームの紹介等出来ましたし、いつもよりサークル同士の交流が充実していて楽しかったです。

見本紙を運営に提出する頃にはもう9時で、それから知り合いのところに挨拶に回ったりしていたらもう10時で、開会の合図と同時の拍手と共にコミックマーケット86の1日目がスタートしました。

設営風景

開会後

コミックマーケット86の1日目は唯一の平日開催だった上、同ホールでは一大ジャンルを築いている「艦これ」と被ってしまっていたことや、そもそも攻略ジャンルは開幕早々に寄られるジャンルではないということで、いつも通りまったりした感じに始まりました。遠巻きに艦これ島の様子を眺めることが出来たのですが、人の物量が明らかにこちら側と違っていたのが印象的でした。

開始から1時間くらい経ったところで、ぽつぽつ人が来てくれるようになりました。前回書いていたアンサガに比べるとトキトワやトトリはやや知名度がないからか、冬の時よりもさらにのんびりとした感じでしたが、その分色々お話する時間が取れました。知り合いの方や、取置依頼をしてきてくれた方や、毎回買ってますと声を掛けていただいた方、どれもこれも凄く励みになりますし、またサークル参加したいと思わせてくれます。

時間も14時を過ぎた頃、同じく攻略ジャンルで毎回常連となっている東京大学ゲーム研究会の皆さんが割と部員総出な感じで挨拶に来られました。毎回私のほうがコミックマーケットでコアなRTA本を出しているということで気になっていたようで、こちらの方も東大ゲー研の方は毎回買っているくらいのファンだったので、とてもいい交流が出来ました。クソゲー初心者にはエルヴァンディアがいいと提言したところ、クルヌギアの方がオススメと返されたので、今度未プレイの誰かにクルヌギアを渡してプレイさせてみようと思います。

その後は、在庫を発送するためのゆうパック列が混むということで、15時前には在庫をダンボールへ詰め、15時半くらいにブースを後にしました。ただ、片付けをしている最中にも本を手に取ってくれる方はいたので、次はもうちょっとぎりぎりまで残ってみようかなと考えています。

終わりに

今回で実に5回目のサークル参加となりました。何度行ってもまた来たいと思わせてくれます。
もちろん次回も申し込んでいて、次回の本はこんな感じになる予定です。受かったらまたよろしくお願いします。