http://speeddemosarchive.com/marathon/

SDA年始恒例のメンバー同士でのオフ会兼TA配信が今年もあるみたいです。
プレイされるゲームのリストはこっち

見てもらえば分かるんですが、レトロゲー重視だった去年に比べて今年は新しめの作品がとても多いです。いきなりマリギャラ2ですし。

新しめの作品が多いことで凄く驚いているのですが、TAをやる上で役立つテキストだとか動画だとかが何もないゲームを一から構築するのってすっごく大変なんですよ。適当に通しプレイだけしてみてそれなりに速くなっているだけのものをTAと呼ぶなら別ですが…。具体的に自分のプレイしたTAで例を挙げると、アンサガやドラクォやショパンはTAに関して先駆者がいらっしゃったおかげで、ほとんど何もTA関連について知らない状態からでも1ヶ月もすればそれなりに速くプレイ出来るようになりました。逆に、一から自分で構築したインアンやEoEなんかは、とりあえず通しプレイをしてみてもまだ粗があったり、攻略本の見直しか何かで気づく改良点なんかもあって、それなりに納得ができるタイムを出すのに半年程度かかっています。

これくらい新しいゲームのTAは時間的な面において難しいのですが、それをこんなに多く持ってくるなんてSDAのメンバーさんは層が厚いなぁと。私が今年新たにTAプレイしたゲームなんてEoEだけですよ…。見習いたいものです。