snap20100407_210813_734

人知れずEoEの実績を1000にしてきました。
闘技場で500回勝利の実績が超面倒で、モチベーションが下がってゲーム機すら起動しない日々が続いていましたが、それでも、ゆっくりでも何とか進むものです。実績1000取得時の総プレイ時間は96時間でした。

それではとりあえず実績1000にしたことですし隅々まで遊んでみた感想でも。

終わってみればストーリーや世界観の良さが一番印象に残っている感じかなぁと。AAAゲーなのでもちろん戦闘やシステムの面白さを期待して買ったのですが、戦闘やシステムの面白さも当然さることながらあったのですが、それにも増してストーリーの強さが光ってました。おいしい蕎麦屋さんとの評判で食べに行ったら蕎麦ももちろんおいしいのだけど、一緒に出された蕎麦茶が超美味しかったという感じ。

公式サイトを見ていただければ分かるのですが、キャラクターがものすごく多くて覚えるのも大変に思えますし、専門用語もバンバン飛び交うんですよ。そこだけ見ると明らかに一見さんお断りな印象で、発売前からも既に地雷扱いされてたりなんかしていたのですが、実際にプレイしてみるとこれが見事でした。基本的にイベントシーンは長いものでも数分程度、細かい世界観設定などはNPCとの会話や戦闘中のボイスで補完しているので本編でわずらわしく感じることはなく、かつNPCの会話も特定ミッション限定時のみ話すなどあったりかなり奥深いんですよ。その会話を聞かないと存在意義すら分からないダンジョンや廃墟やらもあったりします。

戦闘やシステムに関しては、正直極めるのは簡単かもしれません。装備は銃のパーツの組み合わせなので、必要数パーツを集めてしまえば自由にカスタマイズで好きなように出来ますし、ステータスはHPのみでレベルの限界は300固定、手榴弾とかは頑張って集めればいいので限界までキャラを強くしたい人には物足りないかも。作るパーツの材料が時期限定とかはあるのですが、あってそれくらいだと思います。

あとはRTAについてどうなのかというと、これは適当に難易度3つめのやつで調査しているだけなのですが、かなり面白そうです。普通にプレイしてるだけではなかなか気づきにくいですが、要所要所で敵を全滅させないと進めない場所(ドラクォのデンジャールームみたいなやつ)があり、各マップの敵の配置や地形などを考慮しているだけでもわくわくが止まらない感じです。

また、各ヘキサの入手率やマップ踏破の形を考えつつ進んだり、各ミッションはどれだけこなすのかなど、考える要素が盛りだくさんのように思えます。
あとは最後になりますが、最近ブログ更新が滞っていたのは何か胃が痛くて大変だったからです。胃カメラ飲む羽目になりかけましたが今は回復してるから何とか大丈夫な感じ。まぁのんびりEoEのRTA調査でもやっていきます。