先日VP1のBエンドRTAを更新しましたが、あのBエンドRTAでは安定を度外視し、運ゲーに勝ってタイムを縮めている箇所がかなりありました。
一発勝負には向いていない戦略だったため、一発勝負に向いている安定ルートの戦略も挙げておきます。

参考リンク

オープニングイベント

オープニングイベントは変更しようがないので変更なしです。
状況再現を決めて出来る限り先制してタイム短縮を狙います。

ただ、状況再現はレッサー・ハルピュイアにガードされると崩れてしまうので、先制できるのは最初の1戦闘のみと考えておくのが懸命です。

アルトリア山岳遺跡

MP変換で初期所持アイテム3種を全て消し、トゥ・ハンデッドソードを2回アイテム変換してホーリィ・ジェムにするところは普通のBエンドRTAと一緒です。

道中も特に変わりはありません。

ラストダンジョンまで

Chapter5でジェラードに装備させる装備品を変更しています。

武器:アクセプター・ロッド
頭防具:アノイント・ティアラ
アクセ1:エンジェル・キュリオ
アクセ2:フェアリィ・リング
その他1:カルラの真珠
その他2:カルラの真珠
その他3:カルラの真珠

前回の記録達成時には気づきませんでしが、防具を最高ランクのもので固めなくても、カルラの真珠さえ3つ装備していれば神界フェイズでガード・レインフォースが貰える貢献度に達するようです。

ラストダンジョン

メニュー操作を変更し、ユニオン・プラムを2個、ヴァリアント・ヘルムを1個生成、エーテル・セプターから錬金術の書を1つ変換します。

錬金術の書は、記録狙いでは逃走していたミスリル・ゴーレムに投げ、逃走失敗による全滅のリスクを無くすと同時にレベルアップを狙います。
レベルアップしたことでアリューゼのHPが増えるため、ラストバトルで敵の攻撃を耐えた後にアリューゼが気絶しないよう、生成したヴァリアント・ヘルムをアリューゼに装備させます。

ラストバトル

記録狙いでは死者が出たらリセットでしたが、一発勝負だとそれはできません。
ルシッド・ポーションで適度に隠れ、3人同時に隠れられるまでが勝負です。

死者が出ないか、気絶者が出ないかによって戦略が変わりますが、ユニオン・プラムを余分に生成しているため立て直しが可能です。立て直しが必要か否かでラストバトルの時間が30秒近く変わるので、立て直しが必要ないよう祈る戦闘です。

まとめ

大きな変更点は、ラストダンジョンのメニュー操作を変更し、ユニオン・プラムと錬金術の書とヴァリアント・ヘルムを作り、道中でそれを役立てていることでしょう。

メニュー操作を1つでも間違うと詰むRTAなので、むしろそこが一番重要かもしれません。

安定を取っていますが、最速と比較しても1分半~2分程度の遅れで済むことがほとんどです。イベントシーンばかりのゲームなので、ブレがないという意味では一発勝負にはありがたいですね。