【ニコニコ動画】VP1における走りとスライディングの速度検証

VP1RTAの上位プレイヤーの中では、マップ切り換え時の瞬間のスライディングを使い、スライディングの初速度分早いだろうからその分短縮させるというテクニックがありました。

ただ、このスライディングはTAS製作者様によると走るのと変わらないとのことでした。
というわけで、PS2とPS1で挙動が違うかもなので、PS2実機で検証してみました。

上動画のダウンロード

等速だとちょっと違うかな?というくらいしか分かりませんが、60fpsで録画して1フレームずつ見てみたところ、私の操作がまごついていて最速よりスライディングを始めるまでに4フレーム遅くなっていますが、その後、上のメッセージウィンドウが出るまでにかかった時間もスライディングのほうが4フレーム遅くなっていました。
ロス無し操作だとしても、違いは0フレームということになります。

正確に言うと、スライディングは出始めが走るよりさらに遅く、その後一瞬だけ走るより早くなっているように見えるのですが、すぐに減速して走るのと一緒な速度になるので、結果変わらずというような感じです。
人の操作では左か右に走っている最中に即座に下と×ボタンを同時押しというのはなかなか難しいものなので、ここは普通に走ったほうが良さそうです。

2015/03/16追記
ツールで検証してもらったところ、1フレームの遅延もなくスライディングを行えば一回のスライディングで2,3フレーム早くなっているようですが、マップ切り替え直前で行ったとしても走っている状態からスライディングを行うには人力プレイだとやはり数フレ遅れが出てしまうので、RTAでは最初の結論通り普通に走ったほうが良さそうです。