最近始めていることなのですが、敵の移動周期を把握しながらローラ編をプレイしてみています。

敵の移動周期

敵の移動周期は、以下のようになっています。
なお、これは純粋なターン数ではなく、そのマップに入った時から数え始めてのターン数となります。また、敵とエンカウントしてしまった時などは1ターン経過しますが、敵の移動周期ターンには影響しません。

種族 動くターン
鳥、獣、水棲 奇数ターン
昆虫 3n+1ターン
獣人 3n+2
魔族 3n+3
アンデッド 4n+4ターン
スライム 5n+4ターン
植物 6n+3ターン

参考リンク

分かりにくいので書き換え

ターン数 動く種族
1 、獣、水棲昆虫
2 獣人
3 、獣、水棲、魔族、植物
4 昆虫、アンデット、スライム
5 、獣、水棲獣人
6 魔族
7 、獣、水棲昆虫
8 獣人、アンデット
9 、獣、水棲、魔族、スライム、植物
10 昆虫
11 、獣、水棲獣人
12 魔族、アンデット
13 、獣、水棲昆虫
14 獣人、スライム
15 、獣、水棲、魔族、植物
16 昆虫、アンデット
17 、獣、水棲獣人
18 魔族
19 、獣、水棲昆虫、スライム
20 獣人、アンデット
21 、獣、水棲、魔族、植物
22 昆虫
23 、獣、水棲獣人
24 魔族、アンデット、スライム
25 、獣、水棲昆虫
26 獣人
27 、獣、水棲、魔族、植物
28 昆虫、アンデット
29 、獣、水棲、魔族、獣人、スライム
30 魔族

※外交において特に重要な種族を赤字表記

使い方

例えば、3ターン目にして昆虫、スライムと遭遇してエンカウントしなかった時を例に取ると、昆虫もスライムも4ターン目は動くので、次に一歩進んでもまた遭遇してしまいます。
この時、昆虫に外交を仕掛け、成功すれば問題なし、失敗しても昆虫の好戦率を考えると次もエンカウントしていただろう、と割り切れます。
逆に4ターン目にして昆虫、スライムと遭遇してエンカウントしなかった時を例に取ると、これは一歩進んでも昆虫もスライムも動かないので、外交を仕掛けるまでもないことが分かります。

ターン把握によって、最初から身のこなしと外交パネルを所持しているローラ編等はかなり効率よくプレイすることが出来るようになります。