アンサガの宝箱には三種類あるのをご存知でしょうか。
私も正確に調べているわけではないのですが、おおまかに分けるとこうなっています。

固定宝箱
あらかじめ置いてある場所、入っているアイテムの種別が決まっている宝箱。
置いてある場所に行くと発見するまでもなく置かれている。

ランダム宝箱
固定宝箱以外のところから唐突に現れる宝箱。
宝箱を発見するエフェクトが出たらこれ。
実はランダム宝箱が出る場所も決まっているのだが、そこで道案内等を使っても来たり来なかったりする。

敵ドロップ宝箱
エンカウントして倒した敵がドロップする宝箱。
エンカウントする数によってドロップのしやすさが違ってくる。
上2つと違い、爆発、トレスラ罠が存在しない。

この敵ドロップ宝箱の、爆発、トレスラ罠が存在しないというのが重要で、その場でアクションを使って拾いにいっても2,3秒ほどのロスがあるだけで、実質ほぼノーリスクとなります。

パネルのレベルの決まり方には宝箱を拾っているかどうかが重要なのですが、TA中は宝箱を拾っている時間すら惜しいのが現実です。その宝箱拾いを躊躇する要因となっているのがトレスラ罠の存在だと思いますが、敵ドロップ宝箱はこれが存在しないため、躊躇なくアクションで拾いにいけます。
また、アーミック編序盤でもこれは有効です。三種コンプの前などは銅やコットン等低レベル宝箱でも拾える可能性のある素材が欲しいわけですが、トレスラ罠がないと分かればこれも躊躇なく拾いにいくことが可能です。
その敵ドロップ宝箱が出る場所にもよりますが(周囲に敵シンボルがいるようなら基本拾わないほうが良い)、道中安定のために拾うのはTAでも有りだと思います。