FF15プラチナトロフィー

FF15のロイヤルエディションを発売日に購入し、コンスタントに遊び続けて昨日プラチナトロフィーもゲットしました。
このロイヤルエディション版は買った人も数千人とかなり少なくレビューもどこにも見当たらないので、簡単なレビューを残しておきます。

通常版とロイヤルエディション版の違い

ロイヤルエディション版は、通常版と違って以下の違いがあります。

  • パッケージが違う
  • DLC(シーズンパスとロイヤルパック)付き

まずPS4のパッケージが青色を基調としたもので通常版と異なっています。あまり売れていないみたいなのでこっちのパッケージのほうがレアです。
さらにロイヤルエディション版はシーズンパス(2500円+税)とロイヤルパック(2000円+税)のDLCが初めから付属しています。

このDLCについて注意ですが、DLCは紙に印刷されたコードを入力してからインターネットを使ってダウンロードすることで手に入るもので、インターネット回線がないとダウンロードできませんし1度使ってしまったら複数回の使用はできません。

また、ロイヤルエディション版のFF15本体が入っているディスクも最新パッチが当たったver.が入っているというわけではなく、一番最初のver.1.00が入っています。ディスクを入れると最新パッチまでの合計サイズ28GBのパッチが当たるためすぐに最新版で遊べるというものでもありません。

本編について

FF15本編は通常版と全く変わりません。

ただ、発売当初と比べるとパッチがかなり当たって遊びやすくなっている(13章の難易度などは大幅緩和されています)ことや、付属DLCをのロイヤルパックがエンドコンテンツ向けのDLCではなく本編を最初から遊ぶ人向けのコンテンツも多く入っているDLCのため、私はこのロイヤルエディション版がFF15の初プレイでしたがかなり新鮮な気持ちでかつ楽しくプレイすることができました。

FF15はストーリーが割と暗く、さらにオープンワールドを探索してこそ楽しめるゲームなのでそれに合う合わないはあるとは思います。

Amazon価格

ロイヤルエディション版については早くも値崩れしていてAmazonで新品が大幅値引きされています。

ロイヤルエディション版には普通にPSNで買ったとしても税込みで5000円くらいはかかるDLCのコードが付いているため、5000円を切っているならばFF15の本編をお持ちの方でもそちらを売ってこちらを買い直したほうが安いくらいの値段になっています。

FF15の通常版の中古相場が1500円付近なことから、実は6000円くらいまでならこっちを買ったほうが得だったりします。
私はDLCも全て遊びましたが、DLCの中でも戦友などはクリア(イフリート撃破)までに30時間くらいかかりましたし下手すると本編より遊べてしまうものです。DLCを遊ぶかどうかで本編の感想も変わってくるレベルのものだと思いますし、今から新規にプレイするならロイヤルエディション版のほうをおすすめします。

なお、ロイヤルエディション版に入っているDLCコードは一度使うと再利用不可のため、DLC目当ての場合は絶対に中古は買わないでください(DLCコードが使われている可能性があります)。青い基調のパッケージだけコレクション目的に欲しいという場合は中古でも問題ありません。