ぷよぷよテトリスプラチナトロフィー

ぷよぷよテトリスのプラチナトロフィーを取りました(北米版ですが)。
ぷよぷよテトリス自体は結構前に発売されたタイトルですが、最近Switch版が発売されたことに加え、中国や欧州や北米で新規にPS4版が発売されるなどにわかに盛り上がっています。

北米版発売に合わせ、私も海外通販を使って北米版のぷよぷよテトリス(Puyo Puyo Tetris)を買ったのですが、プラチナトロフィーを取る上でネット上の情報が不足しており、結果的にプレイを初めて2日で取れたものの本当にプラチナトロフィーを取れるのかと不安になったタイトルでもありました。

ネット上の情報を充実させる意味でも、備忘録として難しかったトロフィーやトロフィーを簡単に取る方法を残しておきます。

機種差、言語差(北米版)について

トロフィーを取得できるぷよぷよテトリスは3機種で発売されており、PS4、PS3、PSVitaの3つとなります。
このうち、PS4版とPS3・PSVita版は異なっており、PS4版は有料DLCが全て最初から入っているという特徴があります。このDLCを使うことで一部のトロフィーが非常に取得しやすくなるため、PS4版は他の機種よりプラチナトロフィーが取りやすい機種であると言えます(PS3版とPSVita版ではDLCは購入する必要がある)。

また、ぷよぷよテトリスは様々な言語で発売されていますが、言語が変わっているだけで内容は全て日本語版と同じです。

機種の違い、言語の違いで全てトロフィーは別のものとして扱われます。
色々なぷよぷよテトリスを買えばぷよぷよテトリスだけで数個もプラチナトロフィーが獲得できるので、興味のある方は是非買って試してみてください。

トロフィーの内容

トロフィーの一覧については、下記サイトでご確認ください。
機種や言語によってトロフィーが変わるということはありません。

トロフィーは全部で43個ありますが、中にはアーケードモードの全てのルールで遊ぶ(ゲーム選択後すぐ自殺すればOK)だけでトロフィーを獲得できる非常に簡単なものなどもあります。
全てのトロフィーを説明するのは骨が折れるので、今回はぷよぷよテトリスのトロフィーの中でも難しいものだけを紹介していきます。

オンライン系トロフィー

まずはオンライン系のトロフィーです。『パズルリーグで勝利』、『クラブで勝利』、『パズルリーグ10勝』がこれに該当し、オンライン上の対戦相手に勝利する必要があります。

オンラインでは全国パズルリーグ(ランダムで対戦相手が選ばれるモード)とクラブ(ロビーに入って対戦相手を個別に募集するモード)の2つがあり、パズルリーグのほうで10勝、クラブのほうで1勝がトロフィーの条件となっています。
ぷよぷよもテトリスも初心者なら、テトリスのほうが勝ちやすいとは言われています。

注意点として、PS4版はPS4版としか対戦できません。
PS3・PSVita版は共通なのですが、PS3とPSVitaで機種違いの対戦ができる反面PS4版とは対戦できないようです。

PS3・PSVita版は日本でしか発売されていませんが、PS4版は世界各国で発売されており、ぷよぷよが海外では日本ほど流行らなかったせいか、オンライン対戦も海外は初心者が多く非常に勝利しやすくなっているため、今はPS4版のほうがオンライン系トロフィーを獲得しやすくなっています。
パズルゲーム初心者は発売から時間が経ってしまった今だと上級者しかいなくてオンライン系トロフィーを獲得するのは厳しいとの意見がネット上で多々見られますが、少なくともPS4版なら海外プレイヤーも参戦してきており、海外プレイヤーは日本よりは熟練プレイヤーが遥かに少ないので非常に勝ちやすくなっています。

なお、オンライン対戦を行うにはPS Plusに加入している必要があります。

アドベンチャー100%

アドベンチャーモード(所謂ストーリーモード)の達成度を100%にすると獲得できるトロフィーです。
アドベンチャーモードを進めると使用できるキャラクターなども増えていくので、効率よくトロフィーを取得したいならまずはこのアドベンチャーモードから始めると良いです。

アドベンチャーモードはステージによって☆1から☆3まで評価があり、アドベンチャーモードの全ステージを☆3にするとこのトロフィーを獲得できます。
全ステージを☆3というと結構難しく、私も達成できていません。

実は、PS4版なら最初から、PS3とPSVita版なら250円払ってDLCを買うとアドベンチャーモードの追加ステージで遊ぶことができます。
この追加ステージでもアドベンチャーモードの達成度が30%底上げできるため、パズルゲームに自信のある方なら本編のみで、自信のない方なら追加ステージをプレイすることでも100%にすることができます。本編のみだときついのでDLCステージも含めて100%を狙うことをオススメします。

7連鎖150回達成

ぷよぷよの7連鎖を150回決めるトロフィーです。

ぷよぷよで7連鎖というとかなり難しい部類に入るのですが、ぷよぷよテトリスのモードには最初からぷよぷよの連鎖が決まれている状態で始まるモード(ビッグバンモード・とことんフィーバー)があり、そのモードでは1箇所ぷよを発火するだけで簡単に7連鎖以上を決めることができます。

7連鎖とだけ見ると難しく思えますが、何度か遊んでいれば自ずと達成できるトロフィーでしょう。全消し150回というトロフィーも別にありますが、それもこのビッグバンモードかとことんフィーバーで遊んでいればいつの間にか取得できているトロフィーです。

B2B100回達成

テトリスの『Back to Back』というテクニックを100回決めることで取得できます。

私はこのB2Bという名前自体ぷよぷよテトリスで初めて聞いたのですが、TETRIS(4ライン同時消しのこと)を2回連続で決めると発生するものです。

私のやり方としては、誤爆がないよう4ライン消せる棒のテトリミノをHOLDして8ライン以上消せる状態を作り、次にまた4ライン消せる棒のテトリミノが来た時に連続して消すようにしていました。

連続してTETRISを2回決めるということではなく、TETRISを決めた後に1ライン、2ライン、3ライン消しを挟まずにもう一回TETRISを決めるということがB2Bの条件なので、上手い人なら連続して何回も決めることができます。

なお、このB2BはT-スピンで起こせるものなのですが、T-スピンは初心者には難しく、私はプラチナトロフィー達成までに一度も出すことができなかったぐらいなのでT-スピンの説明は割愛します。
テトリスが上手な方はT-スピンを活用したほうが早くこのトロフィーを達成できるはずです。

8REN達成

途切れさせることなく、8ツモ連続してテトリスのラインを消していくというトロフィーです。
空間を2つ空ける方法と3つ空ける方法と4つ空ける方法がありますが、3つ空けるほうがやりやすいです。空間を3つ残したまま他のフィールドは10列以上積んでおき、連続してラインを消していきます。

こちらは、実際に上級者の動画を観てもらったほうが分かりやすいでしょう。これは4列使っているので初心者向きじゃないことと、これほど上手にはできませんが8RENくらいならテトリス初心者でも何度か挑戦すれば達成できます。

パーフェクト3回達成

テトリスでの全消しを3回決めるという内容です。
テトリスに馴染みがないと簡単に思われるかもしれませんが、これが意外と難しいです。

方法としては、下記サイトのやり方を活用して何度もリセットしながら達成する方法が時間はかかりますが一番簡単にできる方法です。私もこちらのやり方で取得しました。

ぷよぷよテトリスのトロフィー(コレクション)攻略

パーフェクト3回については下の方に文章があります。

ぷよ100000個消し・ミノ100000個消し

それぞれぷよを10万個消す、テトリミノを10万個消すトロフィーです。
どちらも結構な時間がかかるトロフィーです。

まず、ぷよのほうですが、これはコントローラを固定して放置するのが一番です。
ドリームアーケードのとことんちびぷよを選んでキャラクターはフェーリ、難易度を激甘にして左下にアナログスティックを傾けていればどんなにツモが悪くても死なないため、無限に稼ぎ続けることができます。
自分の指で左下を押し続けていてもいいのですが、写真のようにアナログスティックを左下に向けて放置するのが楽です。メタルラックを利用してかなり無茶な方法で傾けていますが、普通にやるなら輪ゴムなどで固定するのがいいでしょう。

コントローラ固定

そして、テトリミノのほうですが、これは時間がかかります。
ドリームアーケードのビッグバンモードでテトリスを選び、勝ち抜きモードにして『かちぬき15人抜き』のトロフィーも達成させつつ狙うのがいいでしょう。

手動操作が必要にはなりますが、テトリスは一列で10個のテトリミノを消せることもあり、3時間程度プレイすればトロフィーを取得できます。

まとめ

ぷよぷよテトリスのプラチナトロフィーを取る上での注意点を羅列しました。

ぷよぷよテトリスがPS3とPSVitaで発売された当時、私はテトリスがあまりに苦手なのでプラチナトロフィーを取ることができないのかと思い、プレイしたくはあっても最近までプレイしてすらいませんでした。
実際にはテトリスの技術はそこまでいらず、T-スピンを一度も決めることなくトロフィーコンプリートが可能なものでしたので、もっと早くプレイすればよかったと思っています。

私は約2日でトロコンできましたし、放置しなければいけないトロフィーこそありますが、ゲーム自体の難易度はそこまで高くありません。
ぷよぷよテトリスのプラチナトロフィーを今から目指される方は是非参考にしてみてください。