『YIIK: ポストモダンRPG』のプラチナトロフィーを取得しました。

特に難しいトロフィーはありません。クエストコンプを目指しつつ最終章でセーブデータを分け、そこからふたつのエンディングを見ればトロフィーをコンプリートできます。

ただ、非常にバグが多いためセーブデータはこまかく分けたほうがいいでしょう。
プレイ時間で言うと15時間程度でコンプリートできましたが、バグによって一度最初からやり直したので実質20時間くらいはプレイしています。

YIIKのトロフィーは説明文がそもそも日本語化されていないため、今回の記事では各トロフィーごとに詳しく載せていきます。

はじめに

トロフィー全リストは『YIIK: A Postmodern RPG Trophies』を参考にしてください。

これはPS4版のトロフィーですが、Steamの実績も同じです。
攻略記事は英語になりますが『Steam コミュニティ :: ガイド :: 100% Achievement Guide』が詳しいです。

各トロフィーごとの解説

Friend of Small Animals

ストーリー進行で必ず取得できます。

Elevator Girl Goes Missing

ストーリー進行で必ず取得できます。

Mild Gains

マインドダンジョンでレベルを5にすると取得できます。
ストーリー進行でレベル5にしないとフラグが立たない場面があるため必ず取得できます。

なお、マインドダンジョンは物語最序盤では開放されていません。
ある程度進めたら電話からマインドダンジョンにアクセスできるようになります。

Friend of Small Animals

ストーリー進行で必ず取得できます。

A Mysterious Girl

ヴェラを仲間にすると取得できます。
ストーリー進行で必ず取得できます。

Serve No Bodacious Master!

ストーリー進行で必ず取得できます。

Amateur MC

戦闘中にアレックスの通常攻撃で10コンボ決めると取得できます。

アレックスの通常攻撃は黄色と赤色の枠に合うようにタイミングよくボタンを押すミニゲームがありますが、枠内であれば連打をすることでコンボ数を増やすことができます。
L2ボタンでミニゲームの進行を遅くさせて連打しましょう。

Can’t Touch This!

戦闘中に5回連続で回避を成功させると取得できます。

DefenseではなくDodgeでないといけません。

The Town Gossip

フランクトン(最初の街)の住民のお家にすべて訪問することで取得できます。

A Friendly Stranger Arrives

フラッグタウン(中盤の街)のNPCすべてに話しかけることで取得できます。

Trigger Happy

アレックスのスキル『LPスロー』で25コンボ決めると取得できます。

敵が複数いる戦闘だと取得しやすいです。
私の場合は4体を相手にしているときに取得できました。

Modern Ronin

クラウディオのスキル『武士の心得・改』で「千人斬り」を決めると取得できます。

ミニゲームをたくさん成功させると攻撃技が「千人斬り」に変わるのでそれを目指します。

13 Percenter

お金を15,000ドル貯めると取得できます。

YIIKは装備品などは一切買わずにクリアできますし、回復アイテムも宝箱から拾えるもののみで何とかなります。
プラチナトロフィーを目指しているなら自然と達成できるはずです。

Get Out of My Head!

ヴェラのスキル『バニッシュ』でソウルサバイバーを飛ばし、その後マインドダンジョンにいるソウルサバイバーをミニゲームで追放すると取得できます。
トロフィー説明には5匹追放と書かれていますがPS4版(ver.1.06)だと1匹で取得できました。

ソウルサバイバーは黄金のアルパカ戦でたくさん呼んでくるのでそれをバニッシュしてやるといいです。

You Kids Can Just Go Home

ストーリー進行で必ず取得できます。

Android Agility

エッセンティアの通常攻撃で15コンボ決めると取得できます。

Master MC

戦闘中にアレックスの通常攻撃で25コンボ決めると取得できます。

戦闘速度を遅くしてしまえば特に難しくないはずです。

Floats like a butterfly…

戦闘中に15回回避を成功させると取得できます。

DefenseではなくDodgeでないといけません。

トロフィー説明文を読むと連続のような気がしますが、途中でミスをしてしまっても同一戦闘内で15回であれば取得できました。というかいつの間にか取得してました。

What Did I Do To Deserve This?

ストーリー進行で必ず取得できます。

Hikikomori

ONISMの投稿をすべて読むと取得できました。

ONISMからサイドクエストも受けられるので忘れずに見ておきましょう。

Expert Hunter

すべてのモンスターネストをクリアすると取得できます。

モンスターネスト(確か9)にモンスターを呼ぶ笛が落ちています。それを取得後は各モンスターネストの骸骨マークのところへ行き、笛を吹いて出てきたモンスターも倒す必要があります。
またモンスターネスト3にモンスターが出現しないこともありますが、これはモンスターネスト2のモンスターとモンスターネスト3のモンスターが何故か連動していて2のモンスターを倒すと3の敵シンボルも消えるからです。

WIP Completionist

サイドクエストをすべて終えると取得できます。

夜になると動き出す道路標識…?』だけは要注意で、これは夜にしか達成することができないクエストです。
好きなタイミングで夜にすることはできずストーリーを進行させて夜に動けるようになるのを待つ必要があります。私は街の風景がハロウィンになったときの夜に寄り道をして終わらせました。

Watchful Eyes

すべてのコレクション用POGを集めると取得できます。

POGは全10個です。

【買います】コレクション用POG』というサイドクエストを終わらせた直後に取得できるようですが、トロフィー取得タイミングがおかしくなっている場合は取得できません。
その場合は一度PS4を再起動してやり直してみてください。

私は再起動後にも取得できず、その後お金の入った宝箱を開けたときに何故かトロフィー取得となりました。

Enlightenment

マインドダンジョンでレベルを40にすると取得できます。

There Must Be Another Way…

通称『Ending 2』と呼ばれているエンディングを目指していると取得できます。

Y2K Debugger

通称『Ending 1』と呼ばれているエンディングを見ると取得できます。

まとめ

普通の攻略記事は日本語記事が引っかかるのですが、トロフィーとなるとなかなか引っかからないので少々苦戦しました。

企業によるゲーム攻略Wikiの質が悪いと問題視されることも多くなってきていますが、YIIKの場合はそもそも企業Wikiが全く機能していない(発売日から動いた形跡がない)のでなにか困ったら英語で検索したほうが解決に繋がりやすいです。

それは厳しいという方は、公式サイト(英語)のQ&Aを訳されている方のブログ『[YIIK A Postmodern RPG]ガチ攻略 – ゲーむょー』を参考にすると進めやすいでしょう。