そるだむプラチナトロフィー

Nintendo Switchのローンチソフトのひとつとして発売され、PS4にも発売された『そるだむ 開花宣言』のプラチナトロフィーを取得しました。

パズルが得意かどうかにもよると思いますが、プレイ時間は15時間程度、特に難しい要素もなくコンプリートできました。

つめだむというぷよぷよでいうなぞぷよを50問解くというトロフィーがありますが、これに相当な時間をかけたのでつめだむをすぐに済ませるならプレイ時間はさらに短縮可能です。

PS4でプレイしたのでトロフィーとなっていますが、Nintendo Switch版と同じものですのでNintendo Switchでコンプリートしたい場合もこの記事を参照いただけます。

目次

はじめに

トロフィー自体は全部で27個あります。トロフィー全リストは『そるだむ 開花宣言 Trophies』を参考にしてください。

全体的に簡単なものが多いですが、一部のトロフィーは取得が難しいものもあります。
この記事では取得が難しいものに絞って紹介していきます。

CONGRATULATIONS

そるだむの実をフィールドを埋め尽くし、全て一度に消すと取得できます。

動画を参考にしていただければと思いますが、最後に置くのは真ん中のラインで色数が2色のときにやるとやりやすいです。

めでたしめでたし

エンディングを見るというのが条件ですが、エンディングは○ボタン連打で飛ばしていいわけではなく最後まで見ないといけません。
最後まで見ても終わりというわけではなく、最後の一枚絵が出たところでしばらく待った後にトロフィーが取得できます。

このトロフィーは最後の一枚絵で待つというのに気づけず後回しにしていて、プラミー図鑑を全てコンプリート後にエンディング画面で放置していたらいつの間にか取れていました。

つめだむ博士

つめだむを50問すべて解くと取得できます。

できれば自力でやってほしいですが、どうしても無理なら解答動画を用意しているのでこちらを参考にしてください。

そるだむ 開花宣言(YouTube再生リスト)

プラミーずかんコンプリート

そるだむ、プラミー図鑑コンプリート

プラミーずかんをコンプリートすると取得できます。そるだむの最難関トロフィーです。

公式サイトの『すぺしゃる』にヒントがあるので基本はそちらを参考にしてください。

Twitterでつぶやかれていたものを発見しましたが、ヘベスに黄色のそるだむの実を与え続けることで二進化、さらにつめだむを45問以上クリアしてからアオフルでvery goodを出しても特別なプラミーに進化します。

プラミー図鑑で説明文を見たときに背景にお花が咲いていたらそれが最終進化です。最終進化までは公式サイトの通りにプラミーの実を消し続ける必要があります。
特にアワックルートのBRAVO繰り返しが大変でしたが、2時間近くプレイしてようやく最終進化に到達できました。

200万点突破

どのモードでもいいので、スコアが200万点に到達すると取得できます。

パズルが苦手なら難しそうに思えますが、上位プレイヤーは数千万点くらいは行くものらしいので200万はほんの序の口です。

次に揃うそるだむの実が分かるアシストモードを使っても問題ないため、そるだむ初プレイの私でもルールに慣れたらすぐに取れました。

そるだむ上級者

そるだむモードでレベル100を達成すると取得できます。

レベルは1から始めるとやや大変ですが、途中を飛ばして30から始めたり50から始めたりできるので途中から始めれば何ら難しいことはないです。

こちらも200万点突破と同じく簡単に取得できます。

まとめ

ゲットするのが難しいトロフィーについてまとめました。

定価は1500円、セールになると数百円で買える上にプラチナトロフィーが用意されているゲームなのでいわゆる”ブースト”に使えるゲームかもしれません。

ブースト用に遊んでもいいですが、普通に遊んでも楽しいパズルゲームですので良かったらトロフィーをコンプリートした後でもプレイしてみてください。