marocut84_2

次のC85も参加する予定で、サークルカットを今回もpntさんに作っていただきました。
サークルカットにもある通り、次の新刊はアンサガの一人ラストバトル本になる予定です。

C84でアンサガジュディRTA本を出しましたが、ジュディRTA本はどちらかというとアンサガ上級者向け用の本でした。
ジュディ編を通したことがない人のためにマップや道順は載せましたが、高速ナブラを斧パネル無しで止められること前提で書いていますので、ルーラー前までは容易にいけるとは思うのですが、それからキャラの出し方を工夫したり高速ナブラのリールを止めたり、打開までいくのにはそれなりの練習量が必要でしょう。
一から戦術を考えて少ないテキストから察してプレイするよりは幾分楽にプレイ出来るとは思いますが、やはり敷居が高いことには変わりません。

対して今回の本は、アンサガ一人ラストバトルなんて難しそうなんて思われるかもしれませんが、一人ラストバトルはジュディRTA等と比べて遥かに楽です。
RTAでは早くプレイすることが求められるため、パネルが悪くても改造運が悪くてもショップの品揃えが悪くても足を止めることは基本許されません。しかし、一人ラストバトルではラストバトルを一人でこなさなければならないという制限こそはありますが、そこに至るまでの過程はどれだけ時間をかけても良く、納得出来るパネル構成、納得できる装備品、納得できる技や術を取得している状態で挑むことが出来、あまり慣れていないプレイヤーでも時間をかけることが出来るため、その点が初心者には非常に楽ではないかと思います。

本の内容については大まかには考えていて、一人ラストバトルでもLP6のミシェルだけを書いてしまうとあまりに難しいので、難易度別に初心者用ならヴェント一人、中級者用ならアーミック一人、上級者用ならミシェル一人と、3パターンくらいに分けてやれば自分の腕前によって好きなキャラクターで一人ラストバトルに挑めるのではないだろうかと考えています。

C85でスペースをいただけるかどうかは抽選なので、また当落が分かり次第お知らせしようと思います。